脱毛は勧誘をしてこないサロンでやろう

脱毛サロンの勧誘のパターンとは

脱毛サロンも仕事ですから、勧誘をしてくるのが普通です。
契約を取ればサロン側の利益になりますし、エステティシャンの給与にも関わってきます。
よくあるパターンとしては、ローンを勧めてくることでしょう。
ほかにも回数券、クレジット、月額コースなど、様々な手法で勧誘をしてきますが、いずれも長期コースがメインになっています。
サロン側としては長期コースを契約し、継続的に利用してもらうのが目的です。
積極的に押しで攻めてくることも多いですが、その気がなければハッキリと断ることが大切です。
その場の雰囲気に乗せられて契約するのは一番いけません。
契約後にキャンセルするのは面倒ですし、店側との雰囲気も険悪になりかねません。
お試しコースの利用ならば、当日はお試し以外は利用しないと決めておくことです。
脱毛サロンのお試しコースは、勧誘のきっかけとして用意されていることが多いです。
しかし、効果を知るためには数日はかかるので、その場で契約するのは好ましくありません。
処理後の肌は問題なくとも、翌日になったら荒れていたという話は実際にあります。
新コースなどを勧められても、即決はせずに家に帰って考えることが大切です。

勧誘を断るためによい理由とは

脱毛サロンが勧誘してくるとき、ほぼ間違いなくローン契約を迫ってきます。
ローンとは借金なので、借金をしてまで通いたくない方は多いでしょう。
そのような方は、ローンを利用できない理由をサロンに話しておくといいです。
専業主婦なので自己判断ではローンを利用できないと言うのもいいでしょう。
OLの方だと積極的にローンを勧められますが、複数のローンを抱えていると言えば納得してくれることが多いです。
経済的に余裕がないと伝えておくのが、スムーズに断るコツなのです。
その上で都度払いを用意していないか、さりげなく聞いてみましょう。
都度払いを用意していない脱毛サロンは、無理な勧誘をしてくるところが少なくありません。
最初からローン契約を前提としているサロンは避けるべきでしょう。
何よりローンを組んでしまうと、安易に乗り換えができません。
お試ししたい店が登場しても、毎月の支払いが残っているので、今までの店で消化しようと考えるはずです。
何回か通って相性があまりよくない店だと知っても、ローンを組んでしまった以上は解約するのが面倒です。
都度払い以外の支払い方法を用意していない店もあるので、そうした店と契約するのも一つの方法です。

関連ページ
医療脱毛で全身の永久脱毛

no comments

Comments are closed.