脱毛サロンを解約したら返金される?

基本的に解約するのは自由

脱毛サロンで高額な契約をしても、コースの途中で肌トラブルになったり、引越しや妊娠で通えなくなったりすることがあります。あるいは効果が感じられないので、いっそ解約したいという場合もあるでしょう。このようなとき、原則として解約は自由にできます。できないという脱毛サロンがあれば、それは明らかに違法ですから、心配することはありません。
ほとんどの脱毛サロンでは、解約については厳しい条件はなく、また強く引き止められることもありません。適当な理由を言えば、あっさりと解約が認められます。ただし返金がどれぐらいあるかは、個々の脱毛サロンの方針や契約内容によって異なります。
一定期間内の解約であれば、何度か施術を受けていても、100%返金されるという契約もあります。しかし、これは例外的な部類に入るでしょう。一般には施術を受けた回数分の料金が差し引かれ、残った金額だけが返金されます。1回も施術を受けていなければ、全額返金されることになりますが、必ずしもそうならない場合もあります。なお全身脱毛で何か所かの処理がワンセットになっている場合、1か所でも施術を受ければ1回分と見なされるのが普通です。

解約の手続きと残金の振り込み

全額返金となっていても、ほとんどの脱毛サロンでは解約手数料を取られます。手数料は残金の10%としているところが多く、上限が設けられている場合もあります。サロンごとに違いがあるので、契約する時に確認しておく必要があります。また月額制の契約を結んでいるときは、施術を受けていなくても、その月の料金は返ってこないのが普通です。
効果がなかったり肌トラブルになったりしても、すでに施術を受けた分の料金は、基本的に返ってきません。脱毛サロンによっては、トラブルの治療費を出してくれる場合もありますが、過度な期待はしないほうが良いでしょう。
解約の意思は電話でも伝えられますが、返金手続きのために一度は来店することが必要になります。解約申込書に署名捺印し、残金の振込口座などを指定して手続きが完了します。残金はその場でもらえるわけではなく銀行振込となり、通常は1~2か月ほどかかります。最近、大手脱毛サロンの倒産騒ぎがありましたが、そのようなケースではもっと時間がかかることもあります。
なお契約日から8日以内であれば、クーリングオフが適用される場合があります。まったく手数料なしで解約できるので、不本意な契約をしたときは参考にしてください。

関連ページ
脇だけ脱毛ならミュゼが最適!?
キレイモの途中退会について
医療脱毛で全身の永久脱毛

no comments

Comments are closed.