脱毛の種類とその特徴

脱毛にはどのような種類があるか

ムダ毛の処理は大変で、うっかり忘れてしまったために恥ずかしい思いをした経験を持つ人は少なくありません。脱毛をすればこのような悩みからは解放されますが、現在の日本では三種類の方法があることまでは知られていません。
まず、皮膚科などで行われているのがレーザーです。脱毛というと、サロンやエステを思い浮かべる人も多くいますが、エステは医療機関ではないので、レーザーを扱うことができません。代わりに、フラッシュや光と呼ばれる方法を使って施術しています。昔ながらのニードルという方法を使っているサロンもあります。
施術を受ける場所によって、受けられる脱毛が変わってくるので注意が必要です。レーザーの中にもダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなど、機械によって使われるレーザーの種類が異なります。ダイオードレーザーは最も普及している機械で、広い範囲の照射が可能です。アレキサンドライトレーザーは冷却しながら施術するので痛みが少ないという特徴があります。
フラッシュにも、ジェルとの相乗効果で施術する機械や、日本人のお肌に合わせた国産の機械などがあり、複数の機械を組み合わせて施術するところもあります。

脱毛の種類による特徴

レーザーは医療機関でしか受けられません。これは、レーザーを扱えるのが医師免許を持った人がいる医療機関でしかないためです。レーザーは黒い色素に反応する性質があり、皮膚の上から照射すると毛に向かって進んでいき、毛根を破壊して毛が生えてこないようにします。破壊された毛根からは毛が生えることはないので、確実にムダ毛を減らすことができます。
フラッシュや光は、エステやサロンでレーザーの代用として使われています。レーザーより弱い光なので、毛根を破壊することはできませんが、毛を生えるのを抑えることができます。効果はレーザーより弱いですが、その分刺激がなく、痛みが少ないという特徴があります。
どちらの方法も、毛の生え変わりに合わせて、何度か施術を受けることで、だんだん毛が減っていきます。レーザーの方が短期間で施術を終えることができます。
ニードルは、毛穴ひとつひとつに針を差し込んで電流を流すことで脱毛効果を得る方法です。時間がかかるのと、痛みが強いことで、最近はあまり行われない方法です。フラッシュやレーザーで効果が出ないときなどに使われる方法です。行うサロンも減っているので、希望する場合は扱いがあるかを確認することが大切です。

関連ページ
医療脱毛で全身の永久脱毛

no comments

Comments are closed.